エンジニアの恋愛事情

彼女持ちのエンジニアはどれくらい?

エンジニアの恋愛事情

エンジニアで彼女がいるのはどれくらい?

女性の結婚適齢期などというものがあまり話題にならなくなった今、少子化の原因には男女共に晩婚化していることが挙げられています。不況下にあって男性正社員であっても年収が思うように伸びず、まして年収の低い契約社員や派遣社員ともなれば、恋愛も出来ないと危惧されています。その点エンジニアという職種は、今をときめくIT産業の一翼を担う花形ともいえるのですが、恋愛や結婚に関する限り少々厳しい面もあるようです。

エンジニアの恋愛事情

さてどのような対象にどのような調査を行うのかといった点から、必ずしも一般化は出来ないものの、30代の独身エンジニアのうち彼女居ない率が8割程度という数字も出ています。その中にはそもそも彼女を欲しいと思わないという人もいれば、そのうち出来ればいいと感じている人もいれば、早く彼女が欲しいと思っている人も含まれます。そして彼女が欲しいと願っている人の中でも、いざ出会うために何らかの行動を起こすには至っていない、すなわち思っているだけという人が8割程度になっています。これはエンジニアの労働環境が多分に影響しているのかもしれません。というのもエンジニアは残業も多く休日出勤が当たり前という場合が少なくないのです。そして求められる専門性が高くなって責任が重くなる一方で、給料がそれほど上がるとは期待出来ず、むしろ自分の仕事に自信が持てなくなって精神的に追い詰められるという例が増えているのです。

エンジニアの結婚事情

そして同じくエンジニアが結婚を望んでいるのか、といえば約半数はそうでもないようです。もちろんその理由は恋愛と同じく、相手がいない、あるいは経済的事情などが挙げられています。しかしその他にも、メリットがない、あるいは自分の生活を優先させたいといったように、今の生活に満足してしまっていて変えたくないという本音が覗いています。昔から「結婚は人生の墓場」などと言われてきましたが、結婚していなければ男性も半人前としてしか認められなかった時代とは違い、今は自由恋愛の時代であり、そうであるからこそ中々結婚に至るまでには難しい面もあるようです。またいくら自由とはいえ、相手の生活時間とのずれというのは、結婚生活に大きく影響します。エンジニアのように朝から晩まで連日休みなく仕事漬けといった生活には、普通の事務職経験しかない女性にとっては、ライフ・ワーク・バランスが叫ばれる現代において、やや時代に逆行するようで、受け容れ難く思うのかもしれません。そのためか、20代後半から30代の既婚エンジニアに対する調査では、結婚相手は同じくエンジニアという人が、4分の1を占めるという結果も見受けられるのです。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.