エンジニアの恋愛事情

エンジニアの出会いはどこにある?

エンジニアの恋愛事情

前向きになれば出会いはどこにでもある!

エンジニアの恋愛事情を語るのに、仕事のプレッシャーの大きさと勤務時間の長さを無視することは出来ません。「幸福の青い鳥」を探して外に出掛ける行動力があればよいのですが、その気力も体力も失せるほどの激務に疲労困憊している人も少なくないようです。またエンジニアと関わることの少ない女性にとって、日常における生活時間のずれは、少なからず前途に暗雲を呼び起こします。そのためいっそ社内での出会いを見つける方が安全策といえなくもないのです。

近くて遠い別部署

さて会社に勤務するエンジニアであれば、就業形態にもよりますが、エンジニアだけが集まったIT部門などに所属しているのかもしれません。また「何でも屋」を自任するべき中小企業内であれば、同じエンジニアとしての入社は望み薄であっても、総務や会計に勤務する女性がいることもあるでしょう。あるいは運用や保守を任されているクライアント企業の担当者や、エンドユーザーとして情報をフィードバックしてもらう部署など、定期的に出入りする得意先というのも見逃せません。もちろん相手も仕事中でしょうし、エンジニアとしてそれどころではないプレッシャーの下に、顔を見る余裕すらないかもしれませんが、エンジニアとして一番格好良い姿を見せることが出来る場であることも間違いないのです。

飲み会や昼食会

会社全体や複数の部署にまたがる飲み会というのは、出会いの場として期待できます。新年会や忘年会など、知らない相手であっても気軽に声を掛けることが出来る場面では、チャンスを活かす積極性も必要です。しかしお酒の席ということもあって、しつこくし過ぎないだけのブレーキは掛けておきましょう。あるいは会社によっては、昼食会を開催しているということもあるかもしれません。また最近の若い企業であれば、社内コミュニケーションを活発にして、自由にアイデアを出せるような工夫を凝らしている例もあります。昼休みや就業後に集まって、趣味を深める活動が認められている企業もあるでしょうし、そうでなければ昔ながらの給湯室が、井戸端会議の場として未だに健在な場合もあるでしょう。

エンジニア仲間

一番身近な人の存在ほど意識しないものなのかもしれませんが、隣の席の同僚の女性の魅力に、ある日突然気が付くということもあるかもしれません。お互いにプライドや張り合う気持ちもあるでしょうが、その一方で意気投合すれば話も早そうです。仕事を通じて相手の気心が知れているというのは、結婚生活の上でも戦友として、同志としてまたとないパートナーとなるかもしれません。というのも連日の残業や精神的なプレッシャーなど、やはり身をもって知る者同士であればこそ、分かり合える部分も大きいものなのです。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.