エンジニアの恋愛事情

結婚しようと決断した時の男性エンジニアの平均年収とは?

エンジニアの恋愛事情

エンジニアの年収はどのくらい?

結婚に対する既成概念の変化や女性の社会進出などにより、近年は結婚事情に変化が出てきました。今までは経済的な面で男性に頼ることの多かった女性も自分で働いて稼げる時代になったのです。しかしそうは言っても、出産や育児など、女性には働けない時期というものがあります。そのため、結婚相手の収入が多少なりとも気になってしまう女性は多いのではないでしょうか。エンジニアにはどれだけの年収や貯蓄があるのか、気になっている女性もいるでしょう。そこで、エンジニアの年収や貯蓄といった経済力について紹介します。

エンジニアの経済力

とある統計によると、エンジニアが結婚に踏み切る時の平均的な年収は450万円、貯蓄額は280万円となっているようです。もちろん、この数値は平均であるため皆が皆そうであるとは言えません。しかし1つの基準として考えてみると、この450万円というエンジニアの年収は女性が一般的に結婚相手に求める年収と同程度となっていることがわかります。
また、IT化が進む昨今の状況から考えて、エンジニアとしての職がなくなることはなさそうです。仮に、若い企業が無理な経営戦略をして倒産してしまったとしても、エンジニアの需要は高いため次の転職先を比較的すぐに見つけることができるでしょう。
これらのことを踏まえると、エンジニアの経済力は女性から見ても安心できるのではないでしょうか。

フリーランスという働き方も選択できるエンジニア

エンジニアの中にはフリーランスという働き方が広まっています。フリーランスは、会社員よりも高い収入を得ることができる可能性を秘めた働き方です。休日もある程度自分の都合の良く設定できるため、仕事ばかりではなく家庭のことも考えてほしいという願いが叶う可能性も高くなるでしょう。結婚相手に対して、家族と一緒に過ごす時間を作って欲しいと考えている女性にとっては、フリーランスという働き方を選択できるエンジニアは魅力的な相手だといえるのではないでしょうか。
もちろん、フリーランスにもデメリットはあります。その1つが会社員とは違い収入が不安定という点です。しかし、そこはエージェントを利用することである程度カバーすることができます。また、自分で営業を行うよりも高単価の案件を獲得できる可能性もあり、フリーランスのエンジニアにはぜひとも利用してほしいサービスです。

レバテックフリーランスの案件・求人は業界でも最高レベルの高単価を実現しています。

レバテックフリーランス レバテックフリーランスは直請け案件や高額案件を多数保有しているため、年収アップが望めるエージェントです。実際に、レバテックフリーランスに登録しているエンジニアの平均年収は800万円と言われています。高収入を狙っているエンジニアにおすすめです。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.