エンジニアの恋愛事情

結婚したい?したくない?エンジニアの恋愛結婚事情レポート

エンジニアの恋愛事情

エンジニアの結婚事情調査

恋愛の延長線上に来るライフイベント、結婚。エンジニアの恋愛事情を調べるついでに、結婚事情も調べてみました。晩婚化や少子化問題など、いま「結婚」は政府がとりあげる課題にもなっています。不況の影響、男女の働き方の違い、時代の変遷など、あらゆる要因によって結婚を足踏みする人が増えているのだと思いますが、いつの時代も生活力・経済力の有無は、男女ともに結婚を決断する上で無視できない基準のひとつになるでしょう。また、女性から見ると不可解に感じるエンジニアにありがちな特徴も少し紹介したいと思います。エンジニアの方も、エンジニアと結婚したい女性も、くすっと笑い流してもらえれば幸いです。

結婚後の家庭はどう変わる?

結婚後の家庭はどう変わる? 男性エンジニアが結婚することによって、仕事にも私生活にも良い影響を受けていると感じる場面は少なくないようです。まず帰りを待っている人がいると感じることで、残業を出来るだけしなくて済むように、日々の仕事の効率を上げる工夫を始めたという人もいます。仕事帰りの付き合いが減るという点に関しては、コミュニケーション不足を心配しながらも、早めに帰宅すれば仕事の愚痴を聞いてくれたり、連日の残業にも理解を示してくれるなど、精神的に安心して過ごすことが出来るといいます。更に家庭を持つことで社会的にも一人前の扱いを受けて、一段と責任感が強まり、より一層仕事に精を出すという姿が見えます。

育児時間はどう捻出する?

育児時間はどう捻出する? 男性エンジニアが子育てに積極的に参加しようという意識を持っているというのは、大いに歓迎すべきでしょう。しかし元々忙しくて残業の多い仕事柄、そもそも育児のための時間を捻出するというのは、並大抵のことではなさそうです。もちろん最近では男性の育児に理解を示す企業もありますが、大抵は何の支援も受けられていないというのが現実です。日頃からの男性の育児への関わり方と共に、子供が急な病気になった時に夫婦のどちらがどのように対応するのかなど、夫婦間で無理のない分担を考える必要がありますし、まずは男性も頑張り過ぎないことが大切です。

奥さんが呆れてしまうエンジニアの行動

奥さんが呆れてしまうエンジニアの行動 エンジニアが家庭に一人いれば、間違いなく重宝される時代ですが、家庭内でエンジニアが見せる行動は、歓迎すべきものばかりではありません。まず物が壊れれば自ら直すのが本来であって、一般家庭のように捨てて新たに買い直すのという選択肢は邪道と見なされます。もちろん物を大切にするということを、子供に実践して教えるという面は大いに評価出来ますが、そのための部品や修理を待つ品々が部屋の中に徐々に増えても文句を言えません。また「手に入らないものは、自ら作る」をモットーに、子供の創造性を伸ばしてやることも出来ます。しかしその一方で意味不明な収集癖があることもあります。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.