エンジニアの恋愛事情

実際にエンジニアと恋愛した女性が語る体験談とは?

エンジニアの恋愛事情

エンジニアとの恋愛体験談

長時間労働が当たり前というエンジニアの職場環境からすれば、恋愛や結婚を考える余裕もなく日々を過ごしているのも致し方ないのかもしれませんが、それでも恋愛関係に入れば、女性が惹かれる様々な魅力をエンジニアは持っています。

出会いの場

そもそもの出会いの場になるのは、対面であれば忘年会のような社内行事やプライベートな友人を介して知り合うといった形になるようです。何気ない周囲への気配りや、てきぱきと片付けをしたり、という男性エンジニアの行動に、初対面ながら女性が好印象を持つこともあるようです。そのため男性側があまり積極的に会話に参加するタイプではなくて、一見おとなしい様子であっても、女性の方が既に意識している場合もあるのです。あるいは最近ではオンラインゲームを通じて知り合うということもあるようです。これは同じゲームに参加しながら直接会話することが出来ることから、仲間同士でゲームのイベントに一緒に出掛けたりという形でお付き合いが始まることもあるのです。もっとも学生時代の友人であったり、専門学校のクラスメイトなど、身近な出会いから結婚に至るカップルもあり、それはエンジニアに限ったことではないでしょう。

エンジニアだからこそ

さて付き合い始めればどんな性格なのかは、だんだんお互いに分かってくるものです。中にはやはりエンジニアらしく、女性の他愛のない会話にも理屈っぽく応じてしまい、怒らせてしまうこともあるようです。もっともこの場合に男性側にとって、なぜ女性が怒るのかを理解するのは難しいのかもしれません。しかし例えば気に入ったアクセサリーやバッグを買いたいという話を女性が始めた時に、値段や流行を尋問するように矢継ぎ早に質問したり、手持ちのものや他のものと比較してどんな価値があるのか、などと理屈攻めにされて喜ぶ女性はいないでしょう。女性にしてみれば単純に楽しく会話をしたいだけであったり、批判されるのではなく自分の気持ちをそのまま受け止めて欲しいだけという場合が多いのです。その一方でデート中にも自分が関わった製品を見つけると、ついふらふらと吸い寄せられてしまったり、プラモデル作りに夢中になったりといった子供のような一面も女性にとっては好ましいものとして映るのです。あるいはコミュニケーションを一生懸命とろうとマメにメールを送ってくれたり、行きたい場所にデートコースを設定してくれてリサーチもばっちり安心出来るなど、マメさや包容力で女性の心を捉えることもあるのです。もっとも仕事が不規則であったり、忙し過ぎてそもそもデートをする時間を確保したり連絡をすることもままならない、というエンジニアも少なくないようであり、その点は女性の側にも少なくとも理解しようとする姿勢が必要なのかもしれません。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.