エンジニアの恋愛事情

エンジニアに対するネガティブなイメージとポジティブなイメージ

エンジニアの恋愛事情

女性が抱くエンジニアのイメージとは?

パソコンが使えなければ仕事にならないと言われるほどIT化が進んだ近年。インターネットを用いた情報収集やメールなど、ITはビジネスにおいて欠かせない存在だと言っても過言ではないでしょう。そんなIT社会を支えている存在の1つはエンジニアです。そのため、今後エンジニアの需要が無くなってしまう可能性は低くく、現に今もエンジニアが不足していると言われているほど需要は高くなっています。そのことを考えるとエンジニアは結婚相手として優良物件のように感じます。しかし人によってはエンジニアの人物像に偏りがあるようです。そしてそれが男性エンジニアの恋愛や結婚事情に少なからぬ影を落としているといえるかもしれません。

ネガティブなイメージ

エンジニアとあまり関わりのない女性の中には、エンジニアと聞くと「人付き合いが苦手で一日中パソコンに何かを打ち込みながら過ごしている」「理屈っぽくて会話の内容は理解できない専門用語ばかり」といったネガティブなイメージを抱いてしまっている人がいます。確かに、中にはそのイメージが当てはまっている人もいるでしょう。仕事にやりがいを感じ熱中するあまり、生活の中心が仕事になってしまっている人もいます。そのため仕事以外で人と関わる機会が少なく、いざ仕事を離れて普通に会話をしようとしても中々言葉が出てこない人もいるようです。
しかし中には、連日連夜の残業に休日出勤と日々仕事に追われている人や、次々と新しくなる技術に対応するために日々勉強漬けになってしまっている人など、やむを得ず仕事中心の生活担ってしまっているというエンジニアもいます。そのため、一日中パソコンと向き合っていたり、会話が苦手であったりといったこともある程度は致し方ないと言えるのではないでしょうか。

ポジティブなイメージ

もっとも、このネガティブなイメージを裏返せば、真面目で手に職があり浮気の心配は少ないというポジティブなイメージに変えることができます。これは私個人の意見だけではありません。現役のWebエンジニアやエンジニアの彼氏・夫がいる20代の女性に対して行った調査をもとに書かれた記事でも似たようなことが挙げられています。

浮気の心配が少ない。なぜなら職場に女子がいないから(笑)
エンジニアは全然人が足りてないので、今のところ職にあぶれることはなさそう。それに自分に技術があれば世界中で働ける。

CanCam.jp(キャンキャン) エンジニアの業務は、運用・保守などの下流工程や要件定義・設計などの上流工程、システム開発全体を管理するプロジェクトマネジメントと、バラエティに富んでいます。しかし、どの業務を担当するエンジニアにもコミュニケーション能力は必要な能力として認識されているようです。そのためネガティブなイメージとは違い、会話が得意なエンジニアもいるでしょう。
このようにエンジニアにもポジティブなイメージは多様にあります。そしてこれらのことを知っている女性の間では、ポジティブなイメージが強く結婚相手としての人気があるようです。

ページのトップに戻る

Copyright © 2015 エンジニアの恋愛事情 All Rights Reserved.